HGイルミネーションドッドコムの5つの強み。送料無料・即日発送・長期保証・オーダーメイド・業界ナンバーワン常時10万点の品揃え
LEDイルミネーション販売通販卸専門店

LEDイルミネーションの販売専門店

  • LEDイルミネーションのお問合せはお気軽にどうぞ。電話注文OK 見積り無料
HGイルミネーションドッドコムは送料無料・即日発送・長期保証でお届けします。
アマゾンアカウントでお支払いできます

LEDイルミネーション 投光器

LED投光器

LED投光器とは?

LED投光器とは?

LED投光器とは、光源に発光ダイオード(LED)を用いて光を照射レンズや反射鏡を使う事で特定方向に光を放射出来る様に作られた照明器具の事を言います。

光源にLEDを用いる事で蛍光灯や水銀灯ランプと違い、明るく省エネルギーで、寿命も長いというメリットがあります。 ここではLED投光器の特徴についてご紹介します。

投光器に使用される光源について

LED投光器に使用される光源について

一般的に投光器にはLED以外にも様々な光源が使用されています。 水銀燈、メタルハライドランプ、ハロゲンランプ等がありますが、光源の明るさや光の種類により特徴や違いがでてきます。

ここでは水銀灯とLEDの光源を比較してその特徴をご紹介していきます。

ここではプロジェクションロゴライトの用途や活用方法についてご紹介致します。

LED投光器の特徴

LED投光器は、水銀灯を用いた投光器と比較して、以下の違いがあります。

圧倒的に長寿命である事

従来の蛍光灯とLED蛍光灯
の寿命の比較

水銀灯の寿命が平均して3,000〜12,000時間なのに対してLED投光器の寿命はその8倍程の約40,000時間です。 水銀灯に比べて圧倒的に長寿命なので一度LEDの光源の照明を設置したら長く取り換える必要がなくなりますので非常に楽です。

低い消費電力で発光が可能である事

低い消費電力で発光が可能である事

LEDの光源は水銀灯の約1/4の消費電力で点灯させる事が出来ます。 また、約70%もの節電効果を得る事が出来ますので電気代節約等の経済面におけるメリットは非常に高いです。

紫外線の放出が極めて微量である事

紫外線の放出が極めて微量である事

LED以外の光源は水銀燈はじめメタルハライドランプ、ハロゲンランプ等は全て紫外線を放出しています。 紫外線は長時間あて続ける事により人体の皮膚や物を劣化させてしまいます。

LEDの光源はこの紫外線の放出が極めて微量なので安心です。 紫外線の放出が少ない事から虫が集まってきにくくなります。(※虫は光ではなく紫外線に集まってきます。)

瞬時点灯、消灯が可能である事

瞬時点灯、消灯が可能である事

電源投入から瞬時に最大照度が得られます。またちらつきがなく目に優しい事等の利点があります。

LED投光器の選び方とチェックポイント

LED投光器の選び方とチェックポイント

ここまでは「LED投光器とは何?」という事からその特徴やメリットについてお話してきました。

ここからはLED投光器を購入する前に知っておきたい選別方法やチェックポイントについてご紹介しますのでご参考下さい。

LED投光器の防水性能

LED投光器の防水性能

殆どのLED投光器は防水対策が施されていますので屋外での使用も可能ですが、屋外で使用する場合には念のために以下の点に注意した方が良いでしょう。

IP等級があるかどうか

IP等級があるかどうか

防水性能についてはIP等級というものの有無が非常に重要な意味を示します。 IP等級とはIEC(国際電気標準会議)や、JIS(日本工業規格)が定める電気機器内への異物の侵入(防水や防塵の程度)に対する保護の等級の事を言います。

定められた指標をクリアしたもののみにIP等級を表記する事が出来その等級によって外的環境に対する保護レベルを識別する事が出来ます。

IP等級の表記

IP等級の表記

投光器を使用する設置環境や用途に合わせ、どの程度の防水、防塵力が必要かを確かめてそれに応じた等級の商品を選ぶのが望ましいでしょう。

LED投光器の照射角度

照射範囲イメージ

照射範囲とは、光の照らせる範囲の事です。 投光器には、投光器からの光の広がりに応じて、3種類の照射角度があります。 当然ながら、用途に合わせて最適なものを選択する必要があります。 ここでは3種類の照射角度についてご紹介致します。

狭角形 狭角形は狭い範囲(2m程度の距離から直径50cm程度)を強く濃くピンポイントで照らしたい場合に多く用いられます。主にスポットライトやダウンライト等に使用されます。

中角形 中角形は中程度の範囲(2m程度の距離から直径1m程度)で光の角度が30〜60度未満とある程度の幅があり、用途に応じてピンポイント用又は広範囲用として使えます。 中庭や建物外周の広場、テニスコートなどに使われます。

広角形 広角形は広い範囲(2m程度の距離から直径3〜4m程度)を照射する場合に用います。広角形は照射される光の角度が60度以上のタイプで、広場や野球場やサッカー場などの広いグラウンド、広い駐車場、高い建物の照明など広く照らすのに適しています。

電圧について

電圧について

現在使用している投光器の電圧と交換するLEDの電圧が異なる場合はLEDがうまく作動しなくなる場合があります。 交換前に電圧の確認は必ず行いましょう。

照度(明るさ、ルーメン値)について

照度(明るさ、ルーメン値)について

ルーメンとはLEDの光源から放たれたすべての光「光束」の量を表す単位です。 対してLED以外の投光器や照明の場合、一般的にはワット数で明るさを示します。 ルーメンとワットは同じ水準の数値で明るさを比較する事は出来ませんので、LEDの明るさは馴染みのあるワット数を用いて〇ワット相当等として示す場合があります。 LED投光器を選定する際は〇ワット相当という基準で選んだ方が分かり易いでしょう。

因みに、ルーメンの他にカンデラやルクスという単位もありますが、 カンデラとは光源から出る光の強さ「光度」を表す単位です。照らす範囲の一番明るい箇所の数値になります。 ルクスは照らされた場所に、どれだけ光が入っているかを表す「照度」の単位です。光源から遠ざかるほど数値は小さくなります。

材質(塩害対策等の特殊加工)について

材質(塩害対策等の特殊加工)について

設置環境や使用方法等によってLED投光器の寿命も変わってきます。 沿岸部等で使用する場合等は商品によってはアルマイト加工等の錆びを防ぐ特殊加工が施された商品もあります。

また、耐熱や耐寒等の耐外温度に優れた素材かどうか等は購入前に確認しておいた方が良いでしょう。

LED投光器の使用用途

LED投光器の使用用途

LEDはサイズが小さい為、形状の自由度が高く、薄型化も簡単です。 その特性を活かして照明器具本体を取付ける際の角度を自由に設定出来ます。

また、取付け場所もよくある様な工事現場や作業場等に限定されず、看板照明としての使用をはじめ、倉庫や工場等の高天井等の照明、サッカー場や野球場、ゴルフ、テニス場等の運動場の照明、樹木やお城等の建物の装飾等の照明に使用する事が出来、使用出来る用途としては非常に汎用性の高いものと言えます。

使用用途によって投光器のタイプを選別

使用用途によって投光器のタイプを選別

LED投光器には様々なタイプのアイテムがあります。 使用する用途に応じて適切な商品を選択するとよいでしょう。 ここでは投光器の様々な種類についてご紹介します。

・クランプ式、クリップ式

クランプ式、クリップ式

クランプ式やクリップ式の投光器は挟む箇所さえあれば場所を選ばず設置出来ますので目立たない場所等に間接照明として使用出来ます。 また、各種工事等で手元を照らす照明にも使えます。

・スタンド式

スタンド式

スタンド式の投光器は収納しやすく持ち運びが便利で工事現場や写真撮影、キャンプ等あらゆるシーンで便利に利用できます。

・三脚式

三脚式

三脚式の投光器は持ち運び可能なため、工事現場や暗い作業場を照らすのによく利用されます。

充電式とコンセント式

充電式とコンセントを利用するタイプの投光器があります。充電式の特徴は電源口の無いところ等でも場所を選ばず使用出来る事です。 キャンプや釣り等のアウトドアで重宝するアイテムです。

LED投光器の活用シーン

看板用、看板灯

看板用、看板灯

LED投光器は看板サインを照らす照明器具として多く用いられます。 飲食店や小さめな店舗の看板からビルや国道沿いのイメージ広告用の大看板までサイズに応じて光の強さや照射角度を選びます。

LED投光器を集魚灯として使用!夜釣りで効果覿面!!

魚には本来光に集まってくるという習性があります。 投光器はこの魚の習性を活かして夜釣りで水中の魚を集める事が出来ます。 うまく活用すれば釣果を上げられる便利なアイテムとなります。

イカ釣り等は集魚灯としてLED投光器をよく使われます。 釣りにLED投光器を使う場合には基本的にライト+発電機が必要となります。 (※三脚が有れば尚良し) ライトはなんとかなる場合が多いのですが、問題は電気の引っ張り口である発電機をどうするかです。 車のバッテリーで電気工作をして引っ張るという方法もありますが、バッテリーの管理が面倒という問題が出てきますので発電機を準備するか充電式の投光器を使用した方が良いでしょう。

また 車のライトを集魚灯代わりにするという手もありますが、竿の届く水面の範囲内に車のライトを調整して照らす事が難しい為、やはりLED投光器を準備した方が良いでしょう。LED投光器は陸釣りのみではなく漁船等を使用する船釣り等にも多く活用されます。

LED投光器をキャンプや夜のバーベキューで活用!

LED投光器をキャンプや夜のバーベキューで活用!

コードレスの充電式投光器を使用すればキャンプや夜のバーベキュー等のアウトドア用として活用頂けます。

工事現場、建築現場

工事現場、建築現場で活用

工事現場や建築現場等では作業照明用として昔から投光器が用いられていました。 投光器の光源のLED化が進むにつれ作業現場ではより一層のLED投光器の導入が進められています。

野球、サッカー、ゴルフの練習場やナイター

野球、サッカー、ゴルフの練習場やナイター

LED投光器の広い範囲で遠くまで光を飛ばせるという特徴から野球場やサッカー場のナイターやゴルフの練習場等の他多くの競技場で使用されています。

警察、消防車

警察、消防車

防水性能や耐振動性が優れたLED投光器は消防車や警察車両等でも事件等の出動の際に多く用いられます。

観賞用、水草、植物育成

観賞用、水草、植物育成

光を用いる事で鮮やかに映える水族館や家庭用の水槽等や魚の観賞用や植物育成等ではLED投光器が用いられます。

学校、体育館、運動場、プール

学校、体育館、運動場、プール

学校の体育館やプール等の大きな競技場では広角式の投光器が多く用いられています。

カメラ撮影用

カメラ撮影用

撮影用としても投光器を用いられます。 室内で写真を撮る時、日当たりが悪く、室内灯だけだとどうしてもボケてしまったりする場合があります。LED投光器を使用して光量を調整すれば綺麗な写真が撮れます。

販売業者や店舗等について

販売業者や店舗等について

LED投光器はホームセンターやLED照明専門店、通販等で多く販売されています。 価格は商品のスペックによって様々ですが、同スペックの商品でも価格設定は販売店によって異なりますので、購入前に比較した方が良いでしょう。

LED投光器の販売ならお任せ下さい!

LED投光器、各種取り揃えております。ご質問やご相談などございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお問合せ下さい。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • « Prev
  • Next »

11商品中 1-11商品

 

色から選ぶ

型から選ぶ

アマゾンアカウントでお支払いできます