イルミネーション販売専門店の強みは送料無料・即日発送・年間保証・オーダーメイド・業界ナンバーワン常時10万点の業務用を品揃えです。
イルミネーション販売通販卸専門店

イルミネーション販売

  • イルミネーション販売業務用のお問合せはお気軽にどうぞ。電話注文OK・お見積り無料
イルミネーション販売専門店は送料無料・即日発送・長期保証でお届けします。
イルミネーションをアマゾンアカウントでお支払いできます

イルミネーションのライトアップの方法(注意しておきたい配線の知識)

イルミネーションのライトアップの方法(注意しておきたい配線の知識)

今回はイルミネーションを設置する際に使用する電源コード類や配線の取り扱いに関する注意事項についてです。 電気製品を取り扱ういじょう、漏電や発火等の予防には十分注意が必要です。 ここでは、コードの安全な取り扱い方法や漏電や発熱の予防対策等についてまとめていますので万が一の事故予防に役立てて下さい。

延長コードのつなぎ目に水が浸水すると漏電・感電の原因に

屋外にイルミネーションを設置する時に必ず必要になってくるのが防水加工された延長コードです。 市販の屋外用延長コードは多少濡れてもいい様に防水加工が施されていますが、接続部分には水が浸水しない様に防水対策をしなければなりません。 例えば、自己融着テープで巻いたり防雨用のコンセントカバーを付けたりします。 延長コードの長さは5〜10mが一般的でそれ以上長いのはあまりお勧めしません。

タコ足配線は総ワット数に気を付けて

タコ足配線は総ワット数に気を付けて

一つ以上のイルミネーションを設置する場合にはタコ足配線を使用する場合もあります。 基本的にコンセントの総ワット数を超えなければタコ足配線は使用しても問題ありません。 タコ足配線は防水加工が施されていないものが殆どですので、大きなビニール袋で覆う等してしっかりと防水対策をとりましょう。

コントローラーの防雨対策をする事

コントローラーの防雨対策をする事

イルミネーションの点灯パターンを調節するコントローラーには防水加工がされていない場合があります。 防水加工がされていないコントローラーに水が浸水してしまうと故障の原因にもなりますのでその場合にはしっかりと防水対策を行いましょう。 防水対策の方法はビニール袋で包んだり、タッパーの様なケースに穴を開けてカバーする様にします。

コンセントは上限を超すと発熱・発火する原因に

コンセントは上限を超すと発熱・発火する原因に

コンセントのW(ワット)数の上限は1口1,500Wです。 イルミネーションがどの位のワット数を必要とするのかを把握して1つのコンセントから1,500W以上の配線をしない様にコンセントを使用しましょう。 1,500W以上の無理な使用は発熱や発火の原因につながりますので十分注意が必要です。 どうしてもコンセントの増設が必要な場合には電気業者に依頼してコンセントを増設しましょう。

屋外にコンセントがない場合は屋内から延長コードで電源を取る

屋外に電源コンセントがない場合は屋内から延長コードを伸ばして電気を引っ張ってきます。 この時、延長コードはエアコンのダクトの隙間等から線を通します。 その様な箇所が無い場合は換気口等、防犯上問題が無いところから線を通します。 窓に隙間を開けて延長コードを伸ばす場合には、窓を完全に締め切ってしまう時にコードを噛んでしまい延長コードが使えなくなる可能性がありますので注意が必要です。

漏電は火災や感電の基なので注意が必要

屋外にコンセントがない場合は屋内から延長コードで電源を取る

一般的に電気コード類は電気が外部に漏れない様に「絶縁」対策がされています。 しかし、電源コードに浸水したり電線に傷があったり等している場合には電気が漏れて漏電が起こり、火災の原因にもなる可能性があります。 また、漏電している器具に触れてしまうと感電してしまう可能性があります。感電してしまうと人体にとってとても危険な危害を加えてしまいますのでコードの取り扱いには十分な注意が必要です。

コードの取り扱いミスは断線して、事故の原因にも

イルミネーションの設置施工をする場合には電球と配線の取り扱いには十分に気を付けましょう。 コントローラーや配線は濡れた手で触らない方が良いです。 また、コード類を固定する際には画鋲や釘等の電線を傷つけるものや紙やセロハンテープ等の燃えやすいものは使わない方が良いでしょう。 コードはひねったり、絡まったまま設置しない方が良いです。表面上は問題がなくても、被覆の内側で断線する場合があります。

コンセントまわりの掃除を怠ると断線や加熱等の原因にもなります

コンセントまわりの掃除を怠ると断線や加熱等の原因にもなります

コンセントは水気のある場所は勿論ですが、ホコリやチリがたまるとそこに湿気が加わり漏電や火災の原因にもなります。そうならない様にときどき雑巾などでコンセントを掃除しましょう。 コードやプラグが痛んだり、何かの下敷きとなったりして激しい圧力が加わると断線や加熱の原因にもなります。 危険極まりないでの掃除や点検は怠らずに行いましょう。

商品を選ぶ目安にSマークの付いたものを選ぶと良いです

商品を選ぶ目安にSマークの付いたものを選ぶと良いです

イルミネーションの商品を選ぶ時に商品の安全性を見分ける方法があります。 Sマークの表示が有るか無いかです。 これは電気安全法の技術基準の審査に合格した商品の証です。 但し、Sマークの表示が無いからといって製品が粗悪品とは限りません。 1つの基準として考えて下さい。 基本的に商品を長く使用したいと思ったら製品の良さとは別に雪の多く降る場所や潮風の激しい沿岸部等過酷な設置環境で使用しない等の配慮をする事です。

ライトコントローラーを使えば電気代節約になる

ライトコントローラーを使えば電気代節約になる

イルミネーションの電気代がどれ程掛かるかはイルミネーションの規模や使用時間等によって異なります。 先に把握しておきたいと思った場合にはイルミネーションを実施する地区の電力会のホームページである程度把握出来ます。 最近では、消し忘れを防止すタイマー式やセンサー式ライトコントローラーがあります。 これらをセットしておけば、電気を付けるのも消すのも自由自在です。 消し忘れて電気代が思わぬ料金になった!なんて事はないので安心です。

ご質問・ご相談などはお気軽にどうぞ

お気軽にお問合せ下さい。
 
LEDイルミネーション販売6つの強み

色から選ぶ

型から選ぶ

LEDイルミネーションを購入の際、アマゾンアカウントでお支払いできます